/  Articles posted by しもで木材 (Page 4)

神社ばかり参って 信心深いな~って思ってる方も みえると思いますが そうじゃない理由が( ̄▽ ̄) の続き、行ってみよ~(-ω-)/   その理由は、 下の写真の飯高町田引 八柱神社の宮司さんに 教えていただきました(#^^#) 春には境内に通じる参道が、 藤の花で綺麗に彩られる八柱神社は、 先のブログの水屋神社から 166号線を上ること約3.5㌔   この距離が大事( ̄▽ ̄)   各地区ごと神社があり、 各神社トイレが解放されている。 (綺麗にお使いさいね)   コンビニが沢山ある国道ならいいんですが、166号線は田舎道。   飯高町にはコンビニはございません(;一_一)   自転車乗りにとって、水とトイレは必需品(*^^*)   体を休める木陰もあり、休息場所としては最高の場所ですよって宮司さんに教えていただきました(#^^#)   実はこの宮司さん大の自転車愛好家🚵   この八柱神社にも宿輪木を置いて頂いてます。   宮司さんの愛機と共に( ̄▽ ̄)   宮司さんの教えの通り、この神社も木陰がいっぱい   凛とした雰囲気の中、ゆっくりと身体を休めてくださいとのことでした(^^♪   神社ならナビにも載ってますしね(#^^#)   是非、ユッタリのんびり、飯高町の神社巡りライドに来てください(^_-)-☆   今日も笑顔で 心穏やかに 過ごせますように(^^♪  

その他はネタ切れになるといけないので(;^_^A の続き、行ってみよ~( ・ω・)ノ   飯高駅(道の駅)近くの 宮前花園神社の裏から     珍布峠に上り 反対に下ると そこは赤桶水屋神社 奈良方面に飯高駅(道の駅) を過ぎしばらく走ると、 高さ3mほどの赤い大きな桶が目印の神社 この神社には 色んな木が植わっていて とってもいい雰囲気(#^^#)     根元で繋がってる… 見習わないと(;一_一)     聞いたことも無い木(;^_^A     見たこともない木(-_-;)   製材所やってますが 桧しか知らないオイラ(;一_一)   そして必見が     写真じゃ大きさ分かりませんが かなりデカいです(◎_◎;)   神社ばかり参って 信心深いな~って思ってる方も みえると思いますが そうじゃない理由が( ̄▽ ̄)   その話は次回の講釈で   今日も笑顔で(#^^#) 心穏やかに 過ごせますように(^^♪  

この話は引っ張ります( ̄▽ ̄) の続き、行ってみよ~(-ω-)/   思いのほか楽しかったモニングライド🚴 楽しいことは周りを巻き込めばもっと楽しくなるがモットーのはた迷惑なオイラ( ̄▽ ̄) (オカアチャンと二人きりじゃいつケンカになるとも分からないからってのはここだけのお話💦) 皆に声を掛けまくり、人が増えれば楽しさ倍増(*^▽^*) オイラの場合、他のサイクリング愛好家の皆さんとは少し違うのかも知れませんが、皆でワイワイ言いながら走ってると、小さかったころ、自転車に乗って友達と釣りの行ったり知らない町(隣町)の知らない道を冒険したり、そんな思い出と重なってワクワクしちゃうんです(*^▽^*)   てなことで、無理のない程度に飯高駅周辺を冒険🚵     先ず行ったのは、珍布峠(めずらしとうげ)   人工的に作ったのか自然の成せる業か   道の両端に切り立った岩肌がむき出に👀   以前から聞いてはいたものの、何処にあるのかも知らずでも気になってた場所(^^♪   自転車乗ってなかったら行ってなかったかな(;^_^A ・ ・ ・ その他は、ネタ切れになるといけないので、次回の講釈で( ̄▽ ̄;)   今日も笑顔で 頑張りましょう(#^.^#)   心穏やかに 過ごせますように(^^♪    

お前の休日の過ごし方なんて、興味あるか~(; ・`д・´) なんて声は無視をして( ̄▽ ̄)   「日曜の朝ぐらい、朝ごはんも作らず、モーニングなんてあったら食べに行きたいな~」 オカアチャンの一言で始まったモーニングライド🚴   オイラの周りは、胸を張って自慢出来るほどの田舎町(;一_一) モーニングやってる喫茶店なんて・・・(。´・ω・)?   確か家から10㌔ほど奥に喫茶店が有った様な記憶が???   とりあえず行ってみようってんで飯高向かって自転車漕ぎ出したオッサンとオバハン(*´Д`)   途中何度もへこたれながら(くじけそうになりながら)   国道はアップダウンが激しいし、車の邪魔になるからってんで、裏道をトロトロと🚴   半分泣きながら、飯高駅に到着すると、なんとやってるじゃないですかモーニング☕       思ってた喫茶店にも行ってみたんですが、やってませんでした( ̄▽ ̄;)   必死な思いでたどり着き、口にしたコーヒーの味はまた格別(^^♪   上りは大変ですが、上った分だけ下りは天国🚴   あんなに辛かった10㌔の道のりが帰りはスイスイ(^^♪   帰ってきてシャワーを浴びてもお昼前(^^♪   少し動いた後なので、次への行動が素早くできる(#^.^#)   息の辛さも忘れ、コリャ~良いってんで始まったモーニングライド🚴 本当のモーニングライドとは意味が違うかもしれませんが(;^_^A   この話は引っ張ります( ̄▽ ̄)   今日も笑顔で 心穏やかに 過ごせますように(^^♪  

バキッ❗   工場に響きわたる大音響(。>д<)   実際そんな大きな音がしたのかどうかわかりませんが、オカアチャンもお兄ちゃん(唯一の従業員)も気がついた💦       以前から送材車の紙車(車のクラッチみたいなもの)を交換しないといけないと思ってたので、そこが壊れたかなって思ったんですが、そんな音がするはずもなく、確認すると送材車を駆動させるギアの破損(ToT)   ってことで滅多に見れない、宙に浮く送材車(+_+)   この送材車が動かなきゃ、丸太が挽けない(。>д<)   丸太が挽けなきゃ、オイラの商売アガッタリ(ToT)   この時期は、丸太が直ぐに痛んじゃう💦   早く挽かなきゃカビとヤケで大変なことに(。>д<)   しかし、物は考え様(  ̄▽ ̄)   オイラの工場にゃ丸太がないΣ(・ω・ノ)ノ!         それはそれで大問題なんですが(;一_一)   機械も消耗品 出費もかさみますが仕方ないですね(;^_^A   この話は引っ張りません(笑)   今日も笑顔で 心穏やかに 過ごせますように(^^♪  

っと思わせて次回も引っ張ります( ̄▽ ̄) って書きながらまた今度にします(;一_一)   自己紹介ブログのつもりが、気づけばぱ~と11(+_+) 長すぎです(>_<) ってことでしもで木材って(。´・ω・)?ぱ~と11行ってみよ~(-ω-)/   たくさんの出会いと、助けと、アドバイスを受け、何とか今の所は人並みには食べていけるようになったしもで木材(;^_^A   何を作ろうとも、使ってくれる人のことを1番に思う事   その事を肝に銘じて行かないといけないって、ブログを再開して改めて思う今日この頃( *´艸`)   壁板を基本として、これからも色んな事にチャレンジしたいと思っています。   そして今しもで木材の一押しは(^^♪ 誰でも貼れる 桧タイル( ̄▽ ̄) サンシャイン飯南サンのカウンター下に貼らせていただきました(*^^)v   両面テープと木工用ボンドの併用で、誰でも簡単にDIY   この話も桧タイルで書かせてもらいます( ̄▽ ̄) 木のある暮らしを提案しますBy桧人 そんなしもで木材の自己紹介ブログは、とりあえず終了です(-。-)y-゜゜゜   次回からなにかこうかな~(;^_^A   心穏やかに 過ごせますように(^^♪  

で、この宿輪木が奇跡を起こします( ̄▽ ̄) の続き、行ってみよ~(-ω-)/   名前もそうなんですがこの奇跡、始まりはFacebook   Facebookの話は後日するとして、名前もそうですが、モニターもFacebookで公募。   遠い所は大分でしたが、なんと世界でも有名なサイクリングコースのしまなみ海道で数件まとめていただきました(*^▽^*) 誰もが立ち寄る、しまなみのサイクリストの安全を守る、自転車神社の大山神社様   雨が降ると屋根の下に入れていただいてるようで、モニターになっていただき5年ほど経ってから訪れたんですが、まだ綺麗なままでした(^^♪ ドルチェ様に うまや様(定休日で本人に会えず残念(>_<)) 輪空様等etc.   皆さん、本当にありがとうございました(#^.^#)   そして最近では 本格インドカレーがウマウマのルリヲンさん   因島土生港前のお店でココのオーナーさんが当時モニター様を纏めてくれたおかげで今があります<m(__)m>   歴史的にも有名な鞆の浦の先端の@カフェ様 ココも尾道のFacebook友達のご紹介(#^.^#)   西日本ばかりかと思われがちですが 北は北海道(帯広川沿いでパチリ) 南は沖縄まで (サイクルステーションに採用されました)   全国に続々と桧の香りを届けてくれる宿輪木 今やしもで木材になくてはならないアイテムです( ̄▽ ̄)   でも昔のままオイラが作ってちゃ、やめてたかも(;^_^A   工場の隙間を見つけては道具を広げて毎夜残業後、片づけての繰り返し 作る後姿が疲れ切ってます(-_-;)   それを助けてくれたのは 顔出しNGのいとこの大工さん( ̄▽ ̄)   餅は餅屋に頼むのが1番(^^♪   この人のおかげで全国に桧の香りが届けられます('◇')ゞ   ってことで、サクッと宿輪木の巻終了(-。-)y-゜゜゜   と思わせて次回も引っ張る予定です( ̄▽ ̄)   心穏やかに 過ごせますように(^^♪

この自転車ラックの話も引っ張ります( ̄▽ ̄) の続き、行ってみよ~(-ω-)/   高いハードルの訳は、世界最古の宿輪木を見れば納得(;一_一) 一目瞭然、ダサい(>_<)   当時は出来上がったことに喜んでいて、そんなに思ってなかったんですが、今思えば、お金払ってまで使いたくないですよね(;^_^A   でも、見た目もなんでしょうが、言われたことは、重いでした。   レース場に持っていくのにコンパクトで軽くて強いが大前提(-。-)y-゜゜゜   バーはこの後女性用のマウンテンバイクを掛けたところバーが太すぎて掛からなかったので、細くしたんですが、それでも重い(-_-;)   脚に穴をあけるとか薄くするとか(;一_一) で、ひらめいたのが三角形(^^♪   バーを挟み込むところは構造上それなりの幅が要るので、三角形にしちゃえば脚の重さも半分になりますし、材料も半分( ̄▽ ̄)   台車と呼ばれる製材機械に4本まとめて置き斜めにカット('◇')ゞ (4本ずつじゃないと角度がバラバラじゃ見っともないんで💦)   で、出来上がったのが 工場が汚れてて分かり辛いでしょうが足元が細くなってます(^^) 約5キロほどになり、重さもクリアー(^^♪   そして三角形にしたことで、折りたたんだ脚が非常にコンパクトに収まり見た目がとてもスタイリッシュに(^_-)-☆   大量に掛ける長いバーのタイプは、脚がもう少し太くなってますが、バーが2mまではこの太さ 。 何とかお二人からOKを頂き、フェイスブックで名前を公募。   宿輪木(ヤドリンギ) ってお名前を頂き販売開始(^^♪   で、この宿輪木が奇跡を起こします( ̄▽ ̄) そのお話は次回の講釈で♬   心穏やかに 過ごせますように(^^♪  

しもで木材の一大事( ̄▽ ̄) の続き、行ってみよ~(-ω-)/   以前からやってるフェイスブックで、友達の投稿に国産桧をアピールしたところ、そのコメントに食いついた人が(笑) 製材所やってるんですか? 一度お邪魔しますって(#^^#)   しばらくしてからもう一人連れ立って、工場にやってきた二人 何者か聞いてビックリ(*ノωノ) 上の写真の方は、北京オリンピックのMTBの監督をされてた方 下の写真の方はお会いして2年後にMTBダウンヒルのアジアチャンピオンになるお方 当時何もなっかった多気町で、MTBの国際レース場を作るぞって、草刈り機片手に山に分け行って、本当に作っちゃって、国際レースを開催しちゃった熱い人達(*^▽^*)   この人達が何をしにしもで木材を訪ねたかって~と、写真に写っちゃってますが、桧で自転車ラックを作りたいって言うんです。   多気町を巻き込んでの自転車の町づくりプロジェクトで、先ずは自転車でこの町に訪れるサイクリストの憩いの場所づくり。   しもで木材の事務所で、自転車に対する愛と、なぜ自転車ラックが必要かを熱く語る二人(; ・`д・´) それで2×4の材料を金具で固定するタイプの自転車ラックの材料を作ってくれって言うんです。   それだけ熱く語っておいて、2×4の材料だけ(;一_一)   桧オヤジの熱い魂にも火が付いた(; ・`д・´) せっかく作るのに、アメリカ製の金具で留めちゃうの(。´・ω・)?   少しだけ時間を頂戴って言って帰ってもらい、それからしばらく寝ながら考えた(-。-)y-゜゜゜   で無い知恵を振り絞って考えたのが、木に溝を掘って挟み込むってやり方( ̄▽ ̄) 自分で言うのもなんですが、よく考えました('◇')ゞ   作って見せたらOK頂いたのはいいんですが、流石はトップアスリートの二人💦 一切の妥協を許さず、だんだんハードルが高くなる要求(;^_^A   あんたら、最初は金具でええってゆてたやん(;一_一) そんな心の叫びは届くはずもなく、試作と思考を繰り返す日々💦   そんなこんなで出来上がった自転車ラックがこれ この自転車ラックの話も引っ張ります( ̄▽ ̄)   心穏やかに 過ごせますように(^^♪

喜んでくれる顔を妄想しながらの製品作りが始まりましたとさ(笑) の続き、行ってみよ~( ・ω・)ノ お客様への妄想は勿論、ビジネスパートナーである大工さん、工務店さん、設計士さんへの妄想は、貼りやすさ、仕上がりの良さで妄想してみました(  ̄▽ ̄) 機械で加工する際、乾燥による木の曲がりのため、木の上下がバラバラになっちゃうんです。 木の上下?(・_・;? そう、木には上下があるんですよ((  ̄▽ ̄) 森に立ってる木のまんま、末が上、株が下ってのが理想(^_^)v 木の模様によっては逆さまに見えるものもあるので、それは逆さまに入れますが(^_^;) 全部が全部間違いなくは入れられませんが、一束ずつ揃えておくと模様が揃います(*^^*) 上下逆なのわかりますか? そんなこと誰も気にしないよって思うかもしれませんが、誰が見るかもわかりませんし、貼ってくれる大工さんはプロ。 施工時間の関係で、いちいち見ないかもしれませんが、貼ってるときに気がつくと思うんですよね。 色を揃えたり、木目を揃えたり、そこまでは中々手が回りませんが、出来る限りのお手伝いと思っています( ・ω・) そんな妄想を繰り返し製品を作っていると、徐々に注文が( ☆∀☆) 特に嬉しいのが、20坪程の注文を納めた現場から又10坪位の追加注文( ≧∀≦) 貼っている最中にいいね~ってことになって、計画に無かったけどここも貼っちゃうか・・・なんて(  ̄▽ ̄) 妄想が止まりません( *´艸`) そんなこんなで、少しづつではありますが、本業の羽目板も売れはじめて来た頃、ある出会いが(  ̄ー ̄) しもで木材の一大事(  ̄▽ ̄) それは次回の講釈で😮 心穏やかに 過ごせますように(^^♪