/  Articles posted by しもで木材 (Page 3)

少しでも  貴方に暮らしに   木の風合いを    届けたい(^^♪ そんな想いで作った桧たいる 貼るの難しいんでしょ? いえいえ( ̄▽ ̄)簡単です     写真のように接着剤と両面テープで貼ります。   なぜ接着剤と両面テープの両方使うかというと、   接着剤だと乾くまで粘着性が足りず剥がれるから。   両面テープだけだと、時間がたてば粘着性が無くなり剥がれるから。   なので両方の足らないところを補ってもらうんです(^^)/ どこかの夫婦みたいにね( ̄▽ ̄)   それを綺麗に拭いたクロスの上や壁に貼ってもらうだけ(*^^*)   えっそんだけ(。´・ω・)?   はい、そんだけです('ω')ノ   女性でも子供でも簡単に貼れるってことで (=゚ω゚)ノオ~イ     女の子に登場して頂きました(笑)   高い所だって大丈夫 気を付けてくださいね💦     少し汚れてますが元は白いクロスです クロスを剥がしたわけではありません(;一_一)   元銭湯の休憩所のリノベーション風景です(^^♪   出っ張った所は出来ないな(-_-;)ウ~ン   今度は女性に登場してもらい(-ω-)/オ~イ   少し加工は必要です(^^ゞ   木目はのこぎりじゃないと切れませんが     木目に沿ってカッターで2~3度筋を入れ     ペンチでパキン( ̄▽ ̄)       ハイこの通り(^^♪   で完成したのがこの事務所(#^.^#)     基本パターンで貼ってもらいました(-ω-)/   次回は違う貼り方の紹介です(^^♪   今日も笑顔で 頑張りましょう(#^.^#) 心穏やかに 過ごせますように(^^♪    

「もっと壁を木質化してほしい」   桧の壁板を作りながら、そんな事を考える毎日 でもオイラは、桧の壁材を作ってはいるものの、家全部木の壁は賛成できないんです。 何だか小屋っぽいもの(-_-;) 人それぞれで感性が違うんで、オイラがそう思うだけなんですが(;^ω^)     たまに居ます。こんな風に言う方も(>_<) 「木の壁なんか嫌い。壁に木を貼るなんて考えられない」 そんな方はどうしようも無いんですが(;^ω^)   「良いとは思うんだけどな~」 「貼りたいけどな~」 「でもな~・・・」   その・・・を   一生懸命考えてみた(; ・`д・´)   「リフォーム会社に頼んでやるとウン十万円かかるしな~」 「お金かけてやっても、どんな風になるかわかんないし」 そんな理由かな?って思ったんです。   そこでひらめいた(・∀・)☆ 何度もぼたんの登場スミマセン   お試しで自分で簡単に貼れたら良いんじゃない( ̄▽ ̄)   しもで木材で作っている壁板も、日曜大工が得意な人なら簡単に貼れるんですが、オイラが目指すのは、女性でも(うちは嫁さんのほうが器用ですが💦)子供でも簡単に貼れてオシャレなもの(^^♪     日曜日に、家族みんなでワイワイ言いながらお部屋の模様替え。   そんな光景を妄想しながら作ったのが 【桧たいる】   基本の大きさが 厚み  5ミリ 長さ  30センチ 幅   7.5センチ 丸い面取り加工の一枚板   施工方法は、木工用ボンドと両面テープでクロスの上に直接貼ってください。 剥がせる両面テープで一度貼ってみると感じが分かりやすいですね。 (お金と時間はかかりますが💦)   土壁の場合は、下地を作ってもらわないと貼れませんね💦 胴縁打って薄いベニヤを貼って・・・(;^_^A   桧たいる施工事例などは、次回の講釈で( ̄▽ ̄)   今日も笑顔で 心穏やかに 過ごせますように(^^♪    

先日、面白いブログ?記事?を読みました   木善説、木悪説ですって(。´・ω・)?   日本唯一の森林ジャーナリストの肩書を持つ田中敦夫さんのYahooニュースの記事なんですが、この方が面白い( ̄▽ ̄)   かなりハッキリと核心を書かれる方なんですが、オイラと非常に考え方が似てる気が・・・('ω')   機会があれば、一度お会いしてお話をしたいものです🍶( ̄▽ ̄)   話はそれましたが、木善説、木悪説とは、簡単に言うと、木の良い所を語る人と、木の悪いところを語る人(;一_一)   内容が、木の良い所を語る人は、エンドユーザーに多く、木の悪いところを語る人は、木材関係者に多いって記事。   誰に対して木育、森育をしなければいけないかって内容です。   なんとなく納得しちゃいました(;^_^A   でも、よく考えてみれば、木の良い所を語るエンドユーザーは、木が大好きな人で、木に興味のない方は良いも悪いもないですよね💦   木の悪い所を語る木材関係者は、クレームが怖く、ついつい石橋を叩いちゃうんでしょうね。   ただ、叩きすぎて、石橋を壊しちゃう方が増えてきてるのも事実かな(;^_^A   その記事の中で吉野貯木町歩きツアーってのに触れている部分があるんです。   その記事の一説に木材関連会社(製材所など)の工場見学に街の人を連れていき、話を聞き関心を持ってもらうと、変わるのは木材関係者だって言うんです。   業者間だけの、狭い世界で取引をしている製材所   世間では斜陽産業と呼ばれ、市場では値段が下がり売れなくなり、お願いすると渋い顔をされ 『要らんけどしゃあないで持ってったるわ』 のありがたいお言葉付き(;一_一)   多くの木材関係者は、多分精神的にかなり痛めつけられてると思います(>_<)   ※元気一杯の木材関係者も存在します('ω')ノ   人間、褒められなきゃ楽しくないし、必要とされなきゃ落ち込みます( 一一)   視点を変えてみましょうか👀   褒められおだてられ儲かった時代は来ないかもしれませんが、木を必要としている人たちは沢山います。いるはずです(=゚ω゚)ノ   木材関係者の皆さん 工夫と努力で 楽しい明日を築きましょう(=゚ω゚)ノ     今日も笑顔で 心穏やかに 過ごせますように(^^♪  

昔撮った写真でネタを探してると(;^_^A 一枚の写真が('◇')ゞ   何年前かな~❔ とある日曜日   一人家に残されたオイラ やることもなく   昼間っからテレビ見ながら 一人酒🍺   ふと棚を見ると   子供が保育園の時に作った積木が   半分酔っぱらいながら   リアルつむつむ(;^_^A   出来上がりが なかなかの出来栄えに大満足   そのうち子供が帰ってきて   『おとう、スゲ~‼』   その一言に大満足   長男君も挑戦ってことで もくもくとつむつむ(笑)   出来上がりが   負けたかな(-_-;) 積木って子供の遊びだと思ってましたが、何気に集中できて面白い(^^♪   これも木の使い道( ̄▽ ̄)   そんな無理やりのブログもありかな(;^ω^) 今日も笑顔で 心穏やかに 過ごせますように(^^♪  

「良い木はあっても悪い木は無い」 って以前書きましたが、やはり適材適所ですよね。 太い木もあれば細い木もある。 真っすぐな木もあれば曲がった木もある。 (写真は僕の尊敬する徳田銘木様工場見学会の模様) それは見た目でわかること。 製材してから、曲がる木、捻る木、割れる木。 色んな木があります。 育つ場所によって年輪だって違ってくる (同じ太さの木でも年輪がこんなに違います💦) 山から切り出された木材を余すところなく使えるようにするのがオイラの仕事、製材 以前は、家っていう木材をふんだんに使う場所があり、色んな部材を取り、適所に合わせられました。 今、当然家は木材を使ってくれますが、あまり適所が無いんですよね。 っていうのは、部材(部品って言ったほうがいいかな(-_-;))が減ったからだと思います。 大工じゃないんでよくは分かりませんが、構造が単純になってきているんでしょうね。 真っすぐな製品を、大きな工場で加工して金具で組み立てる。 そんな家が増えてきています。 日曜大工の得意なお父さんなら、 「俺でも出来るじゃん」 って声に、DIY キットも出てきそう(笑) (多分すでにあるでしょうが(+_+)) 話はそれちゃいましたが、家に適所が無くなれば、他で適所を探すしかない💦 適所を与えてくれるのはアナタです( ̄▽ ̄) 色んなものを作り、色んな人に会い、色んな声を聴き、新しい適所を探しています('◇')ゞ オイラは製材です。 木の料理人です(^^)/ (桧しか扱えませんが (;一_一)) 教えてください。 桧という木が役に立つアナタの適所 木のある暮らしを応援します(^O^)/ 今日も笑顔で 心穏やかに 過ごせますように(^^♪

良い木って何だろう?   そんな事を考える時があります(。´・ω・)?   一般的には、って言っても木材を扱っている方の中では、株から末まで真っすぐに伸びていて、枝がなく、年輪が緻密で、芯が真ん中にあり、色が良く傷やアテや風揉み痕が無いものが良い(-。-)y-゜゜   確かに丸太を買うときはこんな所をチェックします👀   こんな木だと、素直な曲がらない製品が出来るので、確かにいい木ですよね。   でも、使う場所によっては、すごく曲がった木が要る時もある。   そんな木を探している人は、まっすぐな木には目もくれず、 曲木を「ええ曲がりやの~」って買っていく。   節が好きな人、傷腐りを景色ととらえる人。   人それぞれの見方によって、良い木になる(#^.^#)   当たり前のことだけど・・・(;^_^A   だから、良い木はあるけど悪い木は無いんだと思う今日この頃( ̄▽ ̄)   木のある暮らしを提案します(^^)/   あなたのそばで木に、出来ることはないでしょうか? そんな事を思いながら   今日も笑顔で 心穏やかに 過ごせますように(^^♪  

これに味を占め、もう1度挑戦した模様は次回の講釈で( ̄▽ ̄) 今度がサイクリング編の最終回かな(;一_一) の続き、行ってみよ~(-ω-)/   前回のロングライド(オイラの中では(-_-;))では、楽しかった思い出しか残らず、やり残した事もあるので再度チャレンジ🚴🚴🚴       今回は男二人女一人でコキコキなので、オカアチャンは少し疲れたって後で言ってましたが(;^_^A   前回行った黒滝神社 この写真が撮りたかった📷     少し分かり辛いかな(;^_^A 昔切り倒した大木の切り株の中から木々が芽吹いて鉢植えのように(゚゚゚д゚)!!   自然って凄いですね   再度感動しながら、今回は波瀬駅より少し上流の知り合いの喫茶店に(^^♪   オカアチャンのラッパ仲間で、名古屋からのIターン夫婦(#^.^#)   電話したら、「やってるよ」とのことでコキコキと🚴🚴🚴       波瀬駅手前のトンネルで、前回義兄が怖い思いをしたので、今回は迂回するかって事で川に沿って迂回   その迂回が功を奏し、今回の絶景ポイントに連れてってくれました(^^♪   その絶景がコチラ     Uターンしてる川に支流が流れ込んでる絶景ポイント👀 この絶景が最初から目に入ったわけではなく、最初はカーブした古ぼけた橋に目が留まったの     なぜか萌え萌えになって写真を撮りまくり     アリの目線写真がお気に入りになり固い体を折り曲げて一生懸命撮ってたらオカアチャンが横から盗撮📷📷   ( ̄▽ ̄;)   ふとのぞき込んでると橋の下に降りていく道が('◇')ゞ         行き止まりの先に絶景ポイント       けして高価な自転車ではありませんが、ママチャリなんかとは雲泥の差の機動力   自分のペースでのんびりライドは、桧人の休日には欠かせないひと時です(^^♪   これにてサイクリング編おしまいですが、次何書こうかな( ̄▽ ̄;)   今日も笑顔で 心穏やかに 過ごせますように(^^♪       おまけ・・・ 前回お休みだった塩ちゃんラーメン行ってきました( ̄▽ ̄) 実は店の前に置いてある自転車ラックを作った者ですって言ったら、   「波瀬駅を前にやってた人に貰ったの。こんな高いもの買えないから」   ・・・(;一_一)だそうです   で肝心のお味のほうは ・ ・ ・ 人それぞれ味覚は違いますからね( ̄▽ ̄)    

このライドで、ゆっくり走ったらどこにでも行けると、自信を持ったオカアチャンが、とんでもない提案をΣ(・ω・ノ)ノ! の続き、行ってみよ~(-ω-)/   「飯高駅まで車で行って、波瀬まで行ってみやへん?」   へなちょこサイクリストのオイラ達には、なんとも無謀とも思えるオカアチャンのご提案(;^_^A   グーグル先生に教えてもらうと、片道約27キロの大冒険( 一一)   疲れたら帰り道は下り坂やし、途中で引き返すのもありやなってんで、パンク修理も出来ないへなちょこサイクリストの大冒険が決定🚴🚴🚴🚴🚴🚵     飯高茶屋から無くなった宿輪木にたどり着けるか( ̄▽ ̄;)   波瀬駅は遠いよな~( 一一)     先ずは、出発してから約3.5㌔行ったところの八柱神社で、今回の安全を祈願(^^ゞ   カメラの操作を間違え、不安そうな皆さん(;^_^A   とりあえずまだ元気一杯の6人(*^▽^*)   ゆったりノンビリコキコキ走ってると、途中で後ろから 「待って~」って声が 道にしゃがみ込み何やら必死に撮影中📷 被写体は、レンガ造りの焼却炉(◎_◎;) 感性は人それぞれですね(笑) でも、道のど真ん中でこんな格好で写真を撮れるってのが、オイラ達のサイクリングの良いところ(*^▽^*)   166号線に沿って旧166号線が走ってる   ゆったりノンビリサイクリングにゃもってこい🚵   旧道のほうが見て面白いものもイ~パイ(^^♪   一人が気になるところを発見すると、そこが休憩所兼遊び場( ̄▽ ̄) お気に入りの写真になった1枚📷 モデルよろしく、カッコつけてみる義兄 カッコつかないオイラ(;^_^A 休みでしたが塩ちゃんラーメン店前の宿輪木( ̄▽ ̄) ココのお話はまた今度(;^_^A よく考えれば不思議な構図(。´・ω・)? 寄り道いっぱいで何とか到着( ̄▽ ̄;) 無事に置いてありました(^^♪ 後は何するわけもなく、お腹も空いたので、もう一つの目的地ふる里さんに🚴🚴🚴🚴🚴🚴   約1時間ほど待って出てきたのがコチラ👀   から揚げ好きのオイラも、流石に食べきれず、一個残しちゃいました(;^_^A   持ち帰り用のアルミホイルが常備されてるの(^^♪   後はラクラク下り坂🚴🚴🚴🚴🚴🚴   何とか初のロングライド?無事終了でした(^^♪   これに味を占め、もう1度挑戦した模様は次回の講釈で( ̄▽ ̄)   今度がサイクリング編の最終回かな(;一_一)   今日も笑顔で 心穏やかに 過ごせますように(^^♪

楽しいライドの模様は次回の講釈で( ̄▽ ̄) の続き、行ってみよ~(-ω-)/ 立梅用水ってのは、約200年前飯南町粥見の立梅地区って所で櫛田川に堰を作り、約30キロにも及ぶ距離を水の少ない地区で農業が営めるようにと作った農業用水のことなんです('ω')ノ 機械の無い時代に、水路の作れないところは山にトンネルを掘り、ほとんど高低差をつけづに作り上げた先人の偉業に感謝しつつ、用水路沿いをコキコキ🚴してきた楽しい1日でした(^^♪ 先ずは立梅地区から櫛田川対岸の道なき道をかき分けてたどり着いたのが、少年時代に川口探検隊のまねをして冒険したマンボウと呼ばれる立場井用水跡。 この近くは山肌が崩れやすく、トンネルを掘るしかなかったんでしょうね(;^_^A しかし通れるよって聞いてた道が、落ち葉どころか石と倒木が散乱してて自転車を担いでの出発( ̄▽ ̄;) 子供たちと、うちのオカアチャンを除く女性陣は、この先の整備された道からの出発でした🚴 オカアチャンは人と少し感性が違うので、この荒れた道でウッキウキ(-_-;) 何はともあれ、無事整備された道に到着(*´з`) 後は心地いい水の流れとともに、木漏れ日の中をのんびりサイクリング( ̄▽ ̄) 対岸の自分の住んでるところを眺めながら 途中休憩をはさみ こんな所で田んぼが出来るのはこの用水のおかげなんだとしみじみ感じ 滅多に車が通ることのない道を、子供たちも安心してサイクリング(^^♪ 水路にハマるのだけは注意しないとね(-。-)y-゜゜゜ 200年も前にどうやってこの道の上に用水を通したんだろう(。´・ω・)?なんて考えながら、あっという間に丹生までの面白ライドの1日でした(^^♪ 楽しいライドのご褒美は( ̄▽ ̄) まめやさんでランチバイキング🍴 このライドで、ゆっくり走ったらどこにでも行けると、自信を持ったオカアチャンが、とんでもない提案をΣ(・ω・ノ)ノ! それは次回の講釈で( ̄▽ ̄) 今日も笑顔で 心穏やかに 過ごせますように(^^♪  

是非、ユッタリのんびり、飯高町の神社巡りライドに来てください(^_-)-☆ の続き、行ってみよ~(-ω-)/行ってみよ~(-ω-)/   飯高駅(道の駅)へのモーニングライド☕🚴 飯高駅周辺の神社巡りを繰り返すうちあることに気が付いた💡   自転車は、上りは辛いが下りは最高に気持ちがいい(#^^#) (そんな事は当たり前なんですが、上り好きの方もたくさんいらっしゃいますので🚵)   下りばっかりの道があればな~・・・(;^_^A   そんな道があるわけもなく、だれか166号線の波瀬駅(道の駅)まで軽トラックで乗せてってくれないかな~なんて都合の良い事考えてました( ̄▽ ̄)   ちなみに166号線は、山に向かって伸びる道なので帰りは下りばかりなの(*^^)v   そんな甘い考えをしてたら、ある方から「日曜日立梅用水1日掛けて走らへん?」ってお誘いが(^^♪   立梅用水??? 気になる方はポチッとしてみてください(^_-)-☆     大きいのから小さいのまで総勢13人 (オイラはカメラマンなんで)   楽しいライドの模様は次回の講釈で( ̄▽ ̄)   今日も笑顔で 心穏やかに 過ごせますように(^^♪