/  Blog (Page 3)

モニターの皆様、大変お待たせしております。 当初の予定よりずいぶん遅れておりますこと、お詫び申し上げます。 ✋刻み大工さんに、ラックの製作依頼をしたと報告させて頂いてましたが、この大工さん本当に本職が大工さんの為、 お寺本堂の新築、庫裏(くり)。一般住宅のリフォーム、新築などの仕事の合間に制作をしていただいてます。 材料の納品などの報告もしていない為、心配されているかと思いますが、必要な部材を製材し、ずいぶん前に納品させて頂いています。 本日より少しずつではありますが、進行状況と製材のお話をさせていただきます。 それでは進行状況の前に 製材とは? 最終の寸法になるまでには木材を何度も切ったりします。切ることを『製材機にかける』といいます。 まず、製材機にかけて最終寸法より15~20ミリくらい大きく荒切りします。そして木を乾燥させるため、サンと呼ばれる木を挟んで通気をよくして乾燥させていきます。 乾燥をしていく段階で木は縮んだり、割れたり歪んだりします。そういう状態を『動く』っていいます。 ある程度乾燥すると、木の動きがすくなくなるので今度は出荷のためにもう一度製材機にかけます。この時は最終寸法より、5~10ミリ大きく切ります。切った表面は、ザラザラ。 製材の仕事は通常ここまで。 この状態で出荷(納品)となります。 これは一般的なノコギリ。刃の大きさに注目してください。 そしてこちらが、製材機のノコギリ。ひとつの刃の大きさの違いがわかると思います。 こちらは製材機にかけている風景です。 製材機のノコギリは輪っか状になっていて、機械で回転させて木を通して切っていきます。 こちらは自転車ラックの為に納品された部材の一部です。 こちらの写真は棚部分に使われる材料です。本物の木が充分に表現出来るようにあえてこの部材を使用。 本来この部材は、枠材(わくざい)といい、木肌の部分は切り落として、家の窓や入り口の枠に使用されます。こんかいは木肌を残して、みじかーくしちゃいますよ。 さてさて、これからすこしずつ、らしくなって行きますのでお待ちくださいね。 商品完成は今月中としております。ブログ報告は遅れておりますので、現在の進行とは異なりますのであらかじめご了解下さい。 いつも心を込めて製品づくり。 皆、いい娘(こ)になってくれますように

こんにちは。 前回からの流れブログです。 室内用自転車ラック、刻み大工さんが試作品を作ってきてくれましたよ。 奥のラックがサイクルトレンドで展示していた物。 手前が大工さんに作って頂いたものです。 パッと見は変わりませんが、少しずつバージョンアップしております。 棚の高さ、バーの高さを変更。 そして、flascoさんにお願いして実際にいろいろな自転車を掛けてみて使用度を確認しました。 これなら、どんな自転車にも対応出来そうです。 そして最後に桧人らしく、 木のぬくもりにやさしさをプラスしてみました。 少しずつではありますが、室内用自転車ラックいい感じになってきています。 いろいろな人達の知恵を頂いきながら進めて行きます。お楽しみに(๑´ڡ`๑)

久しぶりのブログ投稿です(´Д⊂ヽ 随分ご無沙汰してる間にいろいろありました。 まずはそのご報告をかあちゃんからお伝えしますね。 実は先月の話になるんですけど イベントに参加してきました。 名古屋サイクルトレンド2018 2月  2/24(土),25(日) 2日間で行ってきました。 今回は地域資源バンク NIUさんの計らいで出店ブースの一角に「宿輪木(やどりんぎ)」を展示させていただきました。 今回出店にあたっての試みとして、 🔴インターネットのみの販売の「宿輪木(やとりんぎ)」の実物をご覧いただく。直接、触って頂く! 🔴宿輪木に続く新作のモニターを募集! 室内用自転車ラックを開発していきます! 🔴おまけ 桧(ひのき)の香りを体験頂く。 ひのきのウッドペーパーのガチャを作ってみました。 自転車乗りさんの為のイベント参加にドキドキ。どうなることやら 会場では、手書きチラシを配布してモニターを募集させて頂きました。 会場にも室内用ラックのデモ展示をし、モニターさんにどのような商品になるのかイメージしてもらえるようにしました。 先着10名様。 2日間でモニター希望していただけるのか心配でしたが、無事定員となり締め切らさせて頂きました。 会場では、地域資源バンク NIUさんより、   http://niu-mon.com flascoさんが自転車のペダリングのレクチャーされていて、皆さんとっても関心深けに聞き入ってました。 そう、 flascoさんは、あの「宿輪木(やどりんぎ)」開発に携わって頂いた、西井匠氏がやられている事業なんです! 西井匠 ブログ http://cyclingscience.blog50.fc2.com そうなんです、コラボ出店!だったのでした。 いろんな出会いをさせて頂いたイベントでした。 モニターになって下さった皆様、 ご来場頂きました皆様、 ありがとうございました。 室内用自転車ラックは、予定から変更がありまして、当初hinoki-bito自身が作成する予定でしたが、手刻みしている大工に作成を依頼する運びとなりました。よりクオリティの高いものとなりますので、予めご連絡させていただきます。 これから、作成内容など投稿させていただきますのでよろしくお願いします。 木のぬくもりを伝えたくて

前回のブログでは、羽目板(ピーリング)の形状の違いをお話しさせて頂きました。 今回は、幅の違いをお話ししようかと思います。 幅の違い?って思われるかもしれませんが、木とは丸いもの、外側から薄く切っていく(削いで)と初めは幅が狭い板、そしてどんどん幅が広がって行くのです。 それを幅別に揃えていきます。その作業を、私たちは耳太刀(みみたち)といいます。 こんな感じに耳太刀して行きます。 ​​ 幅別に3種類に仕分けします。 そして、木を乾燥させる作業になります。 一枚一枚が息できるように隙間を作って乾燥機で乾燥させます。 そして、これが乾燥機に行く予定の木達。 板と板の間に「サン」と呼ばれる棒を入れて行くのですがその棒がずれずに積み上げていかないと、板のに歪みが生じてしまうのです。歪んでしまった板は加工しても良質なピーリングにはならないのです。なのでこの「サン」を組んで行く作業も正確にしていかなくてはいけないのです。 この商品は厚み 10ミリ 目透かし加工になります。 幅は 3種類 85ミリ               100ミリ                118ミリ  お部屋のイメージやお好みでお好きな幅を選んでいただきます。 手間暇掛けて、お客様の手元まで。 完成品になるまで、もう少し。 愛情込めてコツコツと。

実は、以前フェイスブックで突き付けのお話をさせてもらったんですけど、いつもの商品ってなんなの?!って自分でツッコミ入れて遊んでました笑。 というわけで、今日の仕事ぶりです。 今日は節(フシ)のある板の加工をしました。 もちろんピーリング(壁板)です。 板と板をくっつけた時に窪んだところ(隙間)が出来るのが メスカシ加工というんです。 これが普段出荷している板になります。 そして、この節板はV溝かこうになっているので 斜めに傾斜がついています。 絵で描くとこんな感じ 斜めの加工。 直角の加工。 張った時に少しですが印象が変わります。 「節の板」と「幅の広い板」はV溝で加工をしています。 そして板の感じ。   こんな感じで出来上がってきます。 気づかれた方見えると思いますが節が抜けて穴のあいた写真があったと思います。 そうなんです。 これも私達のこだわりなんです。 普通、節板の加工には穴の空きそうな節には「節埋め」作業を行うのですが、あえてその作業を行っていません。 なので穴が空いてしまった時点で欠点の商品になってしまいます。 自然の木なので、自然のままに。 そして、自然のままには乾燥にも。 乾燥機を使うと節が抜けやすくなるのもありますし、桧の香りも薄くなってしまうのであえて自然乾燥にこだわっています。 なので、節板の乾燥させている材料が敷地いっぱいに並べられています。 めちゃめちゃ場所とってますけど田舎なので笑 部屋に貼ってみるとこんな感じになります。 自然のものは2つとして同じものがありません。それがいいと思っています。節の感じもいろいろです。人と一緒でいろんな個性ある節を楽しんで頂ければ幸いです。 長文となりましたが。最後まで読んで頂きありがとうございました。 無事に製品も完成し、仕事も終了。 また、明日は違う仕事です!

今日は久しぶりにした、仕事ぶりを、ご紹介します。母ちゃのですけど 私たちは、桁(ケタ)って言うんですけど、それの化粧作業をしました。 こういう所に使われる木材の事です。 一般的な家にはあまり使われなくて、お寺とかに良く使われるそうです。 最近では本当に使われなくなっています。 父ちゃんが「引き直し」した後。 「引き直しとは」 粗切りして、乾燥させると、歪んだり縮んだりします。それを真っ直ぐにするためにもう一度ノコギリを入れる作業のことです。 そして、母ちゃんの今日やった仕事。化粧作業になるんです。 ​ %e4%bb%95%e4%ba%8b%e9%a2%a8%e6%99%af%e3%80%80%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%8a%e6%8e%9b%e3%81%91 ​​ こうやってカンナをかけて見た目を良くする作業をします。 実は母ちゃんはこのカンナかけの仕事好きなんです。 なんか手塩にかけた娘を嫁に出す気分になっちゃって、嬉しくなります。 愛情込めてしています。 どの作業も、そうなんですけどね。 今日の動画をこんな切れっ端の木に携帯を挟んで撮影していたらコロンしちゃいました。  久しぶりの作業に何だか嬉しくて動画撮ってしまいました。 こんなことしてるのは父ちゃんには内緒。 ってブログに載せたらバレちゃうか(^^;; ​ 1つの商品を作るのに 何度も手間暇掛けて、やっと商品になります。 どの子も大切な子供達。 嫁いだ先で大切に扱ってもらえたらいいなと思う母ちゃんでした。 私達、製材所を離れてもまだまだ職人さんによる加工は続くのでますます洗練された子供達になっていく。 私達の仕事は繋ぐことでもあるんですね。 また、来週から他の子たちのお世話しなきゃ。

必見!!!! これであなたも宿輪木マニアに 「宿輪木(やどりんぎ)」の秘密を公開します。 ますます気になる(木になる)こと間違いなしです❗️ 今回はブログを、使って宿輪木については書かせていただきます。。いつもとは違う感じですが、よろしかったらどうぞ〜^_−☆ こちらがその宿輪木(やどりんぎ)ですが。 普通の自転車とは違う、主に競技用自転車を引っ掛けるラックなんです。 ちなみにですが、このような自転車にはスタンドなるものは付いていないのがほとんどなんです! ⚪️ マウンテンバイク ⚪️ロードバイク ⚪️クロスバイク といった自転車を引っ掛けておく物です。 実はこのような自転車は、一般の方からは想像もつかない高価な乗り物だったりするんです。 もちろんピンからキリまでありますが。 このような自転車を所有されている方からすると自転車は宝物❤️ キズがついたら大変なんです!!!! そこで私達の宿輪木が活躍してくれるのです。 それでは「宿輪木(やどりんぎ)」の秘密を大公開!   『その1 』  人にも自転車にも優しい素材。 木を使っているといこうとから、自転車を引っ掛けた時に、自転車ではなく、木がキズつくことにより自転車を守ることが出来るのです。 『その2 』    大工の技を手近に感じてほしい。 四方転び(しほうころび)という技法を使った構造により引っ掛けた自転車の重量で、より安定感が増す構造を実現しています。 『その3』   材料が桧(ひのき)なので、耐久性に優れている。 鉄には負けてしまうかもしれませんが、桧(ひのき)とは、昔から神社や寺、和室などにもよく使われる木材で耐久性にとても優れています。神社の鳥居は桧で作られていることから、木材の中でも耐久性に優れている証となります。 しかもその耐久性が最もいいと言われる芯に近い部分を使っているため、腐りにも非常に強いのです。 『その4』   注文頂いてから作成にかかります。 お客様のところに届くのに時間がかかるかもしれません。しかし、これには桧人のこだわりからなのです。 大切な自転車だからこそ! 使って頂いて満足のいけるように。 サイズ展開はあるのですが、お客様一人一人にあったラックをお造りいたします。 ご希望がありましたら出来る限りの対応をさせて頂きます。 ご要望によっては別途料金が掛かる場合もございますがお気軽にお申し付けください。 『その5』    使い方によって仕様を変更。 ビス止め。ピン留め。とはこれのこと! ビス止め → 常にその場所に設置する場合にオススメしています。 店舗に設置される方など。 ビス(ネジ)でしっかりと固定しているため、バーを持って移動が可能となります。 ピン留め →  ラックを持って大会に出場される方などにオススメしています。 組み立てたり、折り畳んだりして持ち運びを希望されるならピンを刺したり抜いたりして、分解が出来るようになりコンパクトに持ち運びが可能となります。もちろん、ピンを刺したまま移動も可能です。 『その6』  組み立ては簡単に。   組み立てにも、こだわりました。簡単でなければ手軽に利用してもらえない。そう考えました。 一人でも組み立てられる。をキーワードに。 こちらの動画を見て頂ければ、解って頂けると思います。   『その7』 白木のままでお手元に。 私たちは桧の良さを知ってもらいたくて宿輪木を作りました。防腐剤や、塗料を塗ってしまっては私達の伝えたい本当のところがわかってもらえないからです。 触って、見て、香りを感じて欲しい。 正直に言います。白木のままですと、日にちが経つと色が変わっていきます。野外に出しっぱなしだと尚更です。でも、桧はそれでも耐久性は変わらず強いままなのです。 買って頂いてから防腐剤、塗料を塗って頂いても構いません。 しかし、到着した時。 商品を開封した時の桧の香り、手触りを感じて欲しいのです。 私達は製材を本業としています。自転車愛好家の方にも木の良さ、私達の思いも届けられたらと思い全国の方にこの宿輪木を愛用いただく事を願っております。 自転車が人を楽しませてくれるもの、 木は人を癒してくれるものでありたい。   宿輪木の秘密とは、私たちの思いを乗せた商品だったのです! 長文となりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。 製材を真剣に取り組んでいるからこそ、皆さんに木の良さ、桧の良さを皆様に知っていただきたいです。        

今年もやってきました。 三重県多気町で行われる自転車の大会! ヤマジテカップ! 多気町上げての自転車の町づくり。その取り組みのひとつの大会なのです。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、この大会はあの方が手掛けて見える大会なのです。 そうあの人。とは 北京オリンピックマウンテンバイク代表監督の西井匠さんが手掛けている大会でもあるのです。そう、宿輪木を誕生には欠かせない方。 その大会に宿輪木がないのはおかしいですよね。 というわけで下出木材、出店しました! ゆるーくノンピーり。お父さんだけでやってた出店でしたが今年は、母ちゃんもお手伝い。 朝から行ってきました。 と、 ところが、 な、な、 何と!宿輪木に関わってくださった、ダウンヒルアジアチャンピオンの清水一輝選手が、試合で使ってる自転車を宿輪木のデモ展示に協力してくださいました。 すごいなぁ。 見た事ないくらいよくわからない自転車。ゴメンナサイ、こんな表現方法で。 何て思っていたら、 今度は、 リオオリンピック代表の山本幸平選手の自転車までもが宿輪木に泊まって とんでもない事に!!! こんな日に限って宿輪木が一台しか持ってきてなくて。 後悔後悔の出店となりました。 とんでもないコラボ。 すごいとしか言いようないですよね。 そして、山本幸平選手はこの私達の出店ブースを控え室代わりに使ってくださるとの事。 どういう事〜♪───O(≧∇≦)O────♪ 山本選手はとっても気さくな好青年、 おばちゃん(私)にも優しくどうでもいい話にお付き合いくださいました。 ありがとうございます。 しかし、この日は風が少しキツくて、テントが飛んでいきそうになり、何度もテントの足を持っていた私。 高価な自転車がかかっていた宿輪木の事忘れていました。 しかし、四方転びの技のお陰でピクリともしていませんでした。 何度も他の商品展示が飛んでいきアタフタしてたのに。 せっかくお借りしてる自転車にもっと気をつけなくちゃいけないですよね笑 自社製品ながらすごいと思うのでした(^^;; こんなすごい選手から宿輪木を、認めていただいた事本当にありがたいと思います。 私達のブース、車のタープを使用しての出店。風で結局タープ片付けました。 今年のヤマジテは趣向を変えての開催。山本幸平選手が後からスタートの鬼ごっこ形式。大の大人がワクワクしながらレースを楽しんでいるのがとっても印象的でした。 さすがオリンピック選手。とんでもない力を私達に見せつけてくれたのでした。 ​ 入賞者には多気のお米。 ​​​ ちびっ子レースもとっても いい感じ♫ 記念に山本幸平選手と一緒の父ちゃん。 手作り看板には山本幸平選手と清水一輝選手のサインを書いて頂きました。彼らのますますの活躍を期待したいですね。

リベンジ、エコフェスタ! たくさんの方と触れ合うことが出来た今回。木についていろんなお話をさせていただくことが出来ました。 皆様の作品も、素敵なものばかり。 今回はその作品をご紹介! 仲良し女の子2人組みの作品。 角を取って丸みを出すのに頑張って削ってくれました。 お揃いのペンダントに。 片方だけのイヤリング。 時間をかけて丁寧に削り出してくれました。アールの出し方や年輪を傾斜を使って屈折させたり、こだわりの作品です。 ママと姉妹の作品。ママが夢中になってる姿を見て娘さんたちも興味を持ってくれました。右2つが娘さん作品。左のママ作品は何と指だそうです。 個性豊かですね。 ママと息子さんの作品です。 近くお母さんの誕生日。「積み木で遊んでる間にワークしててもいい?」とママが息子さんに尋ねると、「僕もしたい!」と言い出し、片方が僕が担当することに。おそらく保育園くらいのお年頃の息子さん。ママの為に一生懸命作ってくれました。左が息子さん。右がママの作品です。 ママにとってこれ以上のプレゼントはないですよね。 一部ではありますが、どれも物語があり、そして作品になる。 その他にもたくさんの方が参加くださりたくさんの作品が生まれました。 自分だけの作品。いつまでも手にとって桧を感じて欲しいと思います。 参加いただきました。皆様ありがとうございました。

リベンジ、エコフェスタ! 小さい子達対象のコーナーの次は、 しもで木材のミラクル商品「宿輪木(やどりんぎ)」のコーナー 前を通って行く方から、目を引いたようです! どこにもないオリジナル商品にどうなってるの?って不思議な様子。 四方転びという技を使った宿輪木に、男性の目を引いている感じがしました。 私の思い過ごしかもしれませんが、(笑) そして、今度は こちらも桧人オリジナル商品 「桧(ひのき)タイル」 ボンドや両面テープを使って手軽に部屋や家具のイメージが変えられるという商品。 手に取って肌触りや、香りを確認して頂くことが出来ました。 その他にも 工場の写真など、木工屋さんではない、製材所です!とアピールしてきてのでした。(よく間違えられるので笑) そして、そして今回新たな挑戦をしました。 ワークショップです。 どれだけの方に感心を持ってもらえるのか。 木を手にとって、ひたすら紙ヤスリで削るという簡単ですが根気のいる作業を何人の方がやってみたいと思ってもらえるのか。 何もかもが未知数。 やってもらって満足してもらえるのか不安もありました。 しかし!不安とは裏腹に皆さんとても熱心に作業していただきました。 しかも予想外の展開にも、削りながら私たちの思いなど自然な形で語らせてもらえる機会が出来ました。 私達の熱い(暑苦しいかもしれない)話を聞いて頂いた皆さまありがとうございました。 その3では、参加された方の作品を(一部ではありますが)紹介させて頂きます。