/  Articles posted by しもで木材 (Page 10)

しもで木材はとうちゃん、かあちゃんのに二人三脚でやっております。 ブログも二人三脚。 今回はかあちゃん目線での投稿です。     かあちゃん投稿は、日頃の仕事のこと、日々の生活の事、最近のお気に入りや、ふと思ったことなど母ちゃん目線で 独り言をつぶやいていきますので、どうぞよろしくおねがいします。   それでは本編に参ります~~(●^o^●)     先日、とあるお店にお邪魔してきました。 そのお店、実は以前に宿輪木をご購入頂いたお客様。 お店にたどり着くには農道を少し車で走らなくてはいけなくて、何だかワクワク。隠れ家的な感じ。 随所に案内板もあり、迷うことなくお店に到着です。 b'sshoPさんです。 はい、ありました。宿輪木! 農機具と仲良く並んでるところが、なかなかいい感じ( ´ ▽ ` )ノ 隣の盆栽もステキです。 最近、コーヒーに目覚めたわたしです。 仕事場にはバリスタがあるんですけど、家ではドリップコーヒーを飲むようになりまして、それがスーパーで買うコーヒーでは物足りなくて、最近はコーヒーショップのコーヒーがお気に入りヾ(@⌒ー⌒@)ノ コンビニコーヒーよりも美味しくて安くで飲めるんですよ お店の方も話しが弾み過ぎて、写真撮るの忘れてしまいました汗 今日はとりあえず、試飲させて頂いたコーヒーを購入♪♪♪  どの作業も何だかこだわりに見えちゃって、感心感動してたら、笑われてしまいました。 これで幸せ気分が満喫出来るアイテムゲットです♪O(≧∇≦)O♪ お気に入りの物でとっておきの時間を楽しみます。   気になられた方はこちらを ご覧になってくださいね http://www.bsshop.jp/#pagetop

年末に、以前【宿輪木】を買って頂いたお店からメッセージが(。´・ω・)? サイクリストが増えちゃって、今までの宿輪木じゃ短いんで、長いバーありますか? こんな嬉しいメッセージなかなかないですよね(^^♪ メッセージをくれたのが四たこさんこと 桑名でたこ焼きと言えば "はりま四丁目のたこ焼き"さん   天然だしをふんだんに使ったたこ焼きは、当然 ウマウマ 旧街道沿いなんですが 今の国道からは少し離れてるんです(^▽^;) でも、美味しいんで口コミで休日はお客さんが引切り無し( ^ω^ ) そんな素敵なお店からのバーの追加注文が(^^♪ いつもじゃないんですが、サイクリストの団体様がちょくちょく寄ってくれるようになったとの事(●^o^●) 美味しいたこ焼きはモチロン、自転車で寄ってくれるお客様が、大切な自転車を壁に掛けたり、地面に寝かしたりしているのが可哀想と宿輪木を購入していただき、空気入れやチェーンオイルも完備(●^o^●) 店主の優しさが、お客様を呼ぶんですね(*^^*) 以前のサイズは既製品の最長サイズ150センチ 今回は脚の間の内寸を60センチ長くして、しかも両端を10センチづつ長くしてくれとの事Σ(・ω・ノ)ノ! 両端を長くは以前、チーム悪だくみ参謀からの要望でした(●^o^●) お客様の意見や停める様子をしっかり見てられるんですね(≧▽≦) 早速作って納品です(●^o^●) この欠き込みがミソ( *´艸`) サドルが外れるのを防ぎます( ̄▽ ̄) 以前作った脚にピタリとハマって一安心(;^ω^) これで大勢のサイクリストの皆さんがみえても、 安心してください、停められますよ(●^o^●) 桑名にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください(●^o^●)   心穏やかに 過ごせますように(●^o^●)      

皆さん あけましておめでとうご材木 :lol:  皆さん、初詣は行かれましたか? 桧人の今年の初詣は、少し遠出して吉野山へ。 吉野山は言わずと知れた桜の景勝地。 小学校の頃 一度だけ近所のおじさんに連れて行ってもらった記憶が。 それから何故か、奈良の事になると、蔵王堂の事が思い出され、行きたいと思いながらダラダラと。 それが去年、徳田銘木さんに行った時、帰りに一緒に行った方たちに誘っていただき、ワクワクしながら一路蔵王堂へ(●^o^●) それが一本の電話で残念ながら駐車場でお別れ (T_T) ますます募る思いに、初詣に行くことに決定(●^o^●) なんて勝手なオヤジなんだ(;一_一) そんな事は気にせずに正月二日に、義母も誘って一路吉野山へ(●^o^●) 天気は晴天、雪もなく166号線をひた走り、途中松阪市飯高町田引の八柱神社にご挨拶(●^o^●) 国道から見えにくいので見落としがちですが、一度訪れてみてください。 樹齢三百年以上の杉の木がお出迎え( ^ω^ )   実は昨年、この神社の宮司様が大の自転車愛好家( ^ω^ ) 166号線でサイクリングを楽しまれる方の休憩所になればということで、宿輪木を購入して社務所横に設置していただきました。   その事はまたの機会に(;^ω^) 八柱の神様にご挨拶を済ませ再度吉野山へ(●^o^●) 道に迷いながらも吉野のお山に何とか到着(;^ω^) 参道には面白そうなお店がいくつも軒を並べ、お参りする人を楽しませてくれます。 着いたのがお昼過ぎ。お腹も減ってきたので、腹ごしらえ( ̄▽ ̄) 徳田銘木さんのおススメのお店【やっこ】さんで腹ごしらえ( ^ω^ ) 鴨そば、山菜小鉢、葛餅は勿論、この地方の名物柿の葉寿司がおいしいのなんの(≧▽≦) 大満足でいざ散策( ^ω^ ) かなりきつい坂でしたが何とか登り切り(;^ω^) まずは義母さんが以前訪れ、印象に残っている桜本坊(*^^*)   宿坊でありながら なんと塀には五本線がΣ(・ω・ノ)ノ! 定規筋って言ってお寺の格式だそうで、天皇由来のお寺は五本線だそうですよ( ..)φメモメモ もともと吉野山は、役行者が開いた場所だそうで、お寺の中では真言密教の護摩供養が行われていました。 散策を続けながら、念願の蔵王堂へ(●^o^●) この威風堂々とした姿が、小学生のオイラの心に何かを残したんですね(●^o^●) いざ参拝と思ったら、次男君が「トイレに行きたい」っていうので探すと、脳天大神なる文字が? 何でも首から上の神様らしく、長男君も今年中学三年になるので、お参りせねばと案内板に沿っていきますと、長い下りの階段がΣ(・ω・ノ)ノ! ここまで来たもんだから降りて行こうってことになり、降り始めたはいいですが、これが地獄の始まり(>_<) どこまで行っても続く階段(~_~;) ここまで降りて引き返すのはもったいないと、なんだかパチンコみたいな感覚に襲われ何とか到着(;^ω^) 写真は忘れちゃいましたが(~_~;) お参りを済ませば今度は登り(;^ω^)   今度は階段の数を数えながら(;^ω^) その数なんと6百段越え(~_~;) ヘロヘロになって蔵王堂にまた到着(;^ω^) お参りをさせていただき、中も見学させていただき、大径木の柱に感激しながら蔵王堂の歴史に触れてきました(≧▽≦) そして吉野神宮では木製の大鳥居に感心しながら こういう場所じゃやりたくなりますよね ジャンプ失敗(~_~;) お母ちゃんも加わって やっぱり失敗(;^ω^) 兎にも角にも楽しい大満足の初詣でございました(≧▽≦)   今年はどんな年になるのか分かりませんが、生きてるだけで丸儲け( *´艸`) 皆様のご健康とご多幸をお祈りしつつ 心穏やかに 過ごせますように(●^o^●) 今年もよろしくお願いしますm(__)m

木質バイオマス発電 聞いた事あるでしょうか? 【木を切り出す際 お金にならない部分を放置するんじゃなく 燃やして燃料として使いましょう】 それが木質バイオマス発電の大義名分 確かにその通り、放置しとくと土砂崩れの時危険ですし、植林にも影響が~_~; でも本当に林地残材で発電してるんでしょうか? うず高く積まれた木の山は本当に使えないの!?(・_・; 木を生業とするものとして、多少の目利きはできるつもりです。 『コレは使えるやろ』 そう思える丸太がいっぱい有ります。 ウチの近所のこの発電所で 年間5万立方もの丸太を消費するそうです。 オイラの工場で挽いてる丸太で約30万本(O_O) 一年間でそんだけの丸太を燃やします>_< そんな量の林地残材が本当にあるの? オイラは無いと思います。 以前ある会議で 「バイオマスが出来るから近所の山持ちさん喜んどるわ」 そんな事を言っておられたのでオイラが 「山が死んじゃいますよ」 って言ったら 「あんたら製材は丸太が無くなるで大変やわな」 ですって~_~; そうじゃ無いって>_< 確かに木はリサイクルのきく資源です。 伐採植林を繰り返せば 山は素晴らしい恵みを与えてくれます。 でも、切りっぱなしや植えずに放置すれば、災害を起こしたり水が汚れたり(~_~;) 日本全国で、このような木質バイオマス発電が、行われようとしています。 お偉い先生の試算では、50年で木を切り倒し、木材として使用する木以外で、まかなえるらしいです。 木は何百年も生きるんです。 50年で成木だなんて誰が決めたんでしょうね?? 地元のいたる所で、原木の山を見かけますが、バイオマス発電が稼働し始めると、だんだん原木の山が小さくなっていってます。 最初にも書いた大義名分 バイオマス発電は必要なのかもしれません。 でも、民間がやってしまうと、やはりお金が絡んできて、発電量を上げ際限なく燃やしてしまうんじゃないかと桧人は心配します。 国からの補助がなければ成り立たない商売を、補助金をあてに金儲けの為だけに、やってるように見えちゃうんです。 山々に囲まれた場所に、木質バイオマス発電から、毎朝のように見える水蒸気の煙を見て、いつも考えさせられる今日この頃です。 バイオマス発電に携わる方が、もしかするとこのブログを見るかもしれません。 そして気分を悪くされるかもしれません。 『いや違うぞ桧人』 って方は教えてくださいねm(__)m オイラはまだまだ勉強不足なんで(~_~;) つらつらと長ったらしく書きましたが、最後までお付き合いくださりありがとうございました。 このことに関してはまだまだ書き足らないですがこの辺で(~_~;) 心穏やかに 過ごせますように

先日のブログの続きの前にf^_^; なんの前触れもなく 突然何も映らなくなったタブレット(O_O) 叩こうが振ろうがウンともスンとも良いやしない>_< 工場でのメール確認はいつもタブレット^^; 「しゃあないで買うか」 するとお母ちゃん 「どうせ壊れとるんやろ モノは試しにちょっと貸して」    おもむろに爪を入れ カッターナイフの後ろでこじ始め 「アレ 何これ」 バキ(O_O) 「アレホンマに壊れたかもしれへんわ」 バキバキ( ̄O ̄;) 「ほら取れた」    「バッテリーから離したら治るかもって書いてあるし」 何やら検索したらしい(^◇^;) 「コレがバッテリーやろ」 「ここのコード切ったったらあかんやろし」 「バッテリーこじてみよか」 何でもこじたら外れると思って見えるらしく~_~; バキ>_< 「アカンホンマに壊しだったかもしれへん」 最初から治すつもり無いんじゃ無いですか!?(・_・;? 変わって僕が触ってると 「あっコレコレここ外すんやって」 先に全部読んでから作業しませんか;^_^A 何とかそのコネクターを外し もう一度差し込み蓋を閉め充電したらなんと(((o(*゚▽゚*)o))) 治っちゃいました*\(^o^)/*    ただマイクロSDの差し込み口は完全に壊れてますがf^_^; だんだんと強くなっていくお母ちゃんに 只々後をついて行くオイラでした~_~; そのうち下出木材の代表も変わるかも(笑) 明日も心穏やかに 過ごせますよに o(^_^)o

Facebook友達からメッセージで 「徳田銘木さんに行きませんか?」 そんなお誘いをいただきました(●^o^●) 徳田銘木さんは、以前から気になってる材木屋さん 徳田銘木さんのHP http://www.tokudameiboku.jp/ お誘いいただいた方も とても気になる木工芸の天才ハツリスト ハツリとは?こちらから ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ https://www.facebook.com/%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AF%E3%81%A4%E3%82%8A-%E6%9C%A8%E5%B7%A5%E8%8A%B8-%E3%82%80%E3%81%8B%E4%BA%95-1099291520085599/?pnref=lhc 実はこの方も初めてお会いします(^^♪ 最近こんな出会いが多いんです( *´艸`) まず会ってみる(●^o^●) とても優しい感じのいいかたでした( ^ω^ ) しかも凄腕職人さん(`・ω・´)ゞ   前置きが長くなりましたが (;^ω^)   目指せ徳田銘木さん(・ω・)ノ 朝も早よから家を飛び出し 目指す場所は奈良県吉野郡黒滝村(*'▽') 僕たちの業界では 言わずと知れた木材の名産地( ^ω^ ) 166号線(伊勢街道)を西に進み 高見峠でパチリ 道も良くなり 早い早い( ^ω^ ) 時間より早く着いちゃうかも( *´艸`) 奈良に入って吉野に入って ナビを設定して驚きΣ(・ω・ノ)ノ! ここからが遠かった(~_~;) 子供の頃に1度だけ行ったことのある 桜で有名な吉野山( ^ω^ ) またいきたいな~って思ってた場所を素通りし マジですかって思うような林道を まだですかってほど走ったところ やっと黒滝村に(;^ω^) 吉野山から下るときから前に 軽トラが走ってくれたので 後を走るおいらは狭い道も楽チン( ^ω^ ) どこまでも前を走ってくれる軽トラがなんと今回声をかけて頂いた天才ハツリストさんでした( *´艸`) やっと着いた徳田銘木さん いつもFBページで見る光景が(●^o^●) そして 工場に入る前からワックワクヾ(≧▽≦)ノ ってところで一時中断( *´艸`) 2部に続く(笑)   心穏やかに 過ごせますように          

♫あ~きの夕日に 照る山紅葉   四季折々に ほんの一瞬だけハッとする瞬間があります。   この日も一日中良いお天気で 紅葉もちょうど見頃な良い一日でした。   夕方窓の外が茜色に染まり この時を逃してなるものかと iPhone片手に工場の外へ( ̄▽ ̄) 間に合いました(^^♪ 写真じゃあんまり伝わんないかなこの景色(;^ω^) ほんの一瞬の自然のショウタイムでした(^^♪ 田舎も良いもんですよ( ^ω^ )   心穏やかに過ごせますように

木製の自転車ラックに 大切な自転車をかけて折れたら怖いな~ そんな風に思う人もみえるかも(;^ω^) それなら大丈夫(^^♪ 木って皆さんが思ってるより丈夫なんです ちゃんとした仕事さえすれば 木はビックリするほど強くなるんです(^^♪ 宿輪木の発想のきっかけになったのが いつも仕事で使ってるウマって呼んでる台 これが釘だけで何の仕事もせず ずっと前にオイラが作ったウマ(;^ω^) 脚が真っすぐ下に伸びてるんで安定しなくて 釘で止めてるだけなんで弱いんです(/ω\) 仕事というのが組み木で溝を掘り 木と木で支え合わせるんです。 そんな仕事をして作ったプロの作ったウマがこれ 脚を四方に傾け(四方転び) 溝に木をはめ込んで作ったウマは 安定感抜群 こんなに荷物を置いてもビクともしません\(^o^)/ 載ってる荷物は約2トンΣ(・ω・ノ)ノ! そんなウマをヒントに作った宿輪木は 人がこんなに乗っても大丈夫(^^♪ 当然軽~ィ自転車なんか びくりともしませんよ(`・ω・´)ゞ 木ってなんだかおもしろい( *´艸`)